GWツーリング 富山ブラックと露天風呂

GWで里帰りして、ちょっと一日空いたのでぶらっと走ってきた。

まずは以前から一度食べてみたかったラーメン「富山ブラック」。

スープが黒くなるほどの濃い口醤油ラーメン。どれほどしょっぱいのか知りたくて一度行ってみたかった。

100501_01.jpg

ちなみに富山ブラックは富山県のご当地ラーメンとしてブランディングができているようだが、やはり行くなら元祖富山ブラック。ということで「大喜」というお店の本店に行ってきた。

100501_02.jpg

メニューについては中華そば小(並)・大・特大と生玉子。

とりあえず並の小を注文してやってきた富山ブラック。

イカスミとまではいかないが、ほんと黒い。

しかもしょっぱいのはスープだけかと思いきや塩っ辛いメンマ。チャーシューにも塩こしょうたっぷりでほんとしょっぱい。なんか具の方がしょっぱくてスープのしょっぱさは気にならないくらい。

そして結局スープまで全部いただき、これならまた食べに来てみたいなっと感じるインパクトのある味でした。

次はの目的地は栃尾温泉にある露天風呂。

富山からは県道41号線をまっすぐ山の方角に向かって進み、栃尾温泉方面として国道471号線を進む。

100501_03.jpg

すると途中右折して橋を渡ることで平湯温泉方面へと道が続きますが、目的地の露天風呂は橋は渡らずに直進してほんの少しだけ先にある「荒神の湯」。一応無料で入れる露天風呂なんですが、維持協力金として200円を入口のボックスに入れて温泉に入ってきた。

100501_04.jpg

中に入るとお風呂場の開放感はかなりのもの。

この日は先客が1人だけいましたが、少ししてからすぐに帰ってしまったので完全に貸し切り状態♪

ただ、この日のお湯の温度はハンパなく熱かった。お風呂の脇にある水道からゴムホースが引っ張られていたので、自分の周りだけでも少し温度が下げられるよう水を加えながらの入浴となった。

でも気持ち良かったなぁ~。

100501_05.jpg

次はさらに川の上流を目指して新穂高の湯へ。ここも無料で入れる露天風呂で、渓流の脇に岩で組み立てられた実に景色の良い露天風呂。

景色がいい分、逆に車通りや横にある橋のすぐ下にあることから周りからもよく見える露天風呂で、しかも混浴ときたもんだ。

自分が行ったときには子連れの家族もいて、奥さんは水着来てました。一応基本は全裸で入るお風呂なんですが、周りに気を遣うと言うことで水着でも入ることができます(大昔に一度来たときは若い女性が普通に全裸でタオルも巻かずに入ってたっけ)。

これで一応露天風呂を堪能しつつ、帰りのルートへ。

道は少し戻って今度は平湯温泉方面から飛騨高山へ。

夕飯は焼き肉にすると家族から聞いていたので、地元飛騨牛の直販店でお肉を少し買って東海北陸自動車道を使って一気に帰宅。ギリギリ夕飯に間に合うことができた。

ちなみに買っていった飛騨牛。少々お高かったのですが、焼き肉用として買っていったカルビとロース。味はおいしかったんだけど、スジなどが硬かった。いくら高いお肉といってもやっぱ一度たたいて柔らかくする必要があったみたいです。失敗失敗。


より大きな地図で 100501 GW 岐阜温泉ツーリング を表示

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2010/05/post-114.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2010年5月
« 4月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010