2006 11月 (6件)

昨日突然PC(二号機)の電源が落ちた。そして全く反応しなくなった。
ゲッ壊れた???どこが???
原因を調べるために取りあえずコンセントの差し替え、電源ケーブルの変更を試してみたが反応無し。
電源スイッチを押してもカチリとも言わない事から、電源ユニットが怪しそう。
試しに自宅の一号機に取り付けて試してみたら動かなかったのでやはり電源が原因と判明。

第一作目を見たときは、ほぼ原作そった話で、あれだけのストーリー幅を二部でどうまとめるかが気になっていました。

だけど、なるほど~そうきたかと思いました。

基本的には原作の内容をかなりコンパクトにまとめた感じではありましたが、話としては無理なくうまく収まった感じです。

それとL/竜崎役の松山ケンイチは前作でも話題にはなっていましたが、今回も裏切られず流石の演技でした。ある意味アニメ版のLよりよっぽどLらしいと思えるところが素晴らしい。

流行物かもしれないけど、とても面白い映画だと思います。

地デジ対応UHFアンテナ

061111.jpg写真左「八木アンテナ[地上デジタル放送用アンテナ] DUCA-S (シルバーメタリック)
写真右「サン電子(放送受信機器)IDA-400FU [地上デジタル放送専用室内アンテナ]

先日テレビが壊れた為、シャープのアクオス(AQUOS)20インチを購入。そして我が家初の地デジ対応にしてみました。

しかし、家ではVHFアンテナしか立ててないので地デジ放送を見ることができません。

だからといってUHFアンテナを今から立てるにしても、2010年に完成予定の第二東京タワー(すみだタワー)に伴って再度UHFアンテナの向きを変える工事が必要になります。それではコスト的にももったいないので、対策として地デジ対応のUHF室内アンテナを買ってみました。

最近テレビCMでもさんざん地デジって言ってますが、ちゃんとした説明はあまりされてない気がします。

まず地デジ(地上波デジタル)を見るためにはテレビを買い換えるだけですむ場合とすまない場合があるのですが、それを理解するにはいくつかの基礎知識が必要なるかと思います。
※地上波について書いています。

  1. アンテナには大きく分けてVHF(1~12ch)対応とUHF(13~62ch)対応の二種類がある。
    (UHFの中でもローバンド、ミドルバンド、ハイバンドと3種類ある)
  2. 地デジはUHF(ローバンド)で受信することになる。
  3. 通常テレビにはチューナーという受信機能が組み込まれており、地デジを見るためには地デジチューナーもしくは地デジ対応(地デジチューナー搭載)テレビが必要になる。

以上を踏まえた上で地域によって対応が異なることを知る必要があります。

PCケース

061109.jpg今から11年程前に購入したPCケース。
初めてWindowsPCを購入する際に、いきなり自作PCから入り、その時に買ったPCケースをとうとう廃棄しました。

そういえば昔、金も知識も乏しい時だったので、とにかく安いのを適当に選んで買った思い出があります。
最初はIntel Pentium2/233MHz から始めて、Intel Celeron/2.0GHzに交換、その際にその他パーツも交換や追加などいろいろ変化して去年の3月まで約10年間。安物ではあったけど、今にしてみれば結構思い入れがあったケースかもしれない。

ただ、発熱量の少ない昔のハードウェア環境にそって設計されてたからか、去年Intel Pentium4/3.2GHzを組み込んだ際にはCPU温度が一気に跳ね上がってしまい、やむなく廃熱効率のよいケースに交換。

その後、このケースは何かに使えないかと敢えて大事にしまっていましたが、とうとう廃棄することを決意しました。さよなら~。

アイ・オー・データから発売されている24インチワイドTVチューナー付液晶モニタ

LCD-TV241XBR(ブラック)

LCD-TV241XWR(ホワイト)

だんだんPCのモニタも大きくなってきて、TVとして使える物も沢山出てきました。

ただ、今までのPC用液晶モニタでTVチューナーを搭載したタイプってややTVとしては小さいサイズばかり。

だけど24インチワイドなら自分の部屋などに置くTVとしては充分な大きさだし、本来のPCモニタとして使うにもかなりの領域があるからめちゃくちゃ快適になりそう。

CALENDAR
2006年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010