ZX-14R 袖ヶ浦フォレストレースウェイのライセンスを取って走ってきた

先日筑波サーキットで雨の走行会を走ってきた後、ドライ路面のサーキットが走りたくてうずうずしてたら、7/13の日曜日に袖ヶ浦フォレストレースウェイのライセンス講習会があったので行ってきた。

140713_02

ライセンス取得は特に試験があるわけではなく、当日は証明写真2枚と筆記用具にライセンス取得費をもっていき座学講習を受けるだけ。

講習はフラッグの説明やコースに関する説明などを受けます。その後は一度コース確認として4周ほど実際に走行。もちろん追い越し禁止。

あとは事務所に戻ってくるとライセンスカードが出来ているので、それを受け取って二輪走行枠のチケットを買えばサーキット走行が可能になる。

講習については最初の受付からライセンス発行まで大体半日程度で取得完了。

140713_03

そして早速だけれどこの日の午後は2輪走行枠があったので一本目の走行枠を購入。

講習でのまったり走行ではあまり実感できなかったけれど、このサーキットコースの高低差によるブラインドカーブなどはスピードを出すと結構怖いかも。

講習でも説明してもらったが第1コーナー後が上り坂でゆるめの第2コーナから先の下り坂が見えない。

そして第5・6・7の複合コーナー。段々とRがきつくなっていくうえに下り坂。

そして最終コーナーもちょっとブラインドカーブになってて、インギリギリを走っててもコーナー抜けたらアウト側ギリギリ走っててビビッた(^^;

あと速い人たちがいっぱいいてどんどん抜かれるのだが、それが怖くてちょくちょく後ろを確認しながら走るというビビリ様。

常連さんの話などを聞くと基本我が道を行くが良くて、うまい人は避けてくれるからと。

とは言われても速い人が後ろから来るのにライン塞いじゃってぶつかったらどうしようとか思いつつ、ついつい後ろ確認してしまう(^^;
(もちろん急にラインを変えると危ないので、そういうことはしないが)

でもやっぱサーキット来て良かった!とても楽しい。

公道じゃこんな走り方は絶対出来ないというか危なくて出来ない。

ちなみに今回ケツから動画撮ってみた。

カメラ:Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A100-K

 

ちなみに安全と言われるサーキットでも事故がないわけではないというか・・・。

今回の一走目。最初は良かったけれど何周か走っていたら赤フラッグが出た。事故発生(コースアウトした様子)の為ピットに戻る。

そして走行開始されたと思った矢先、1周してきたらまたもや赤フラッグ。
この後時間の都合かもしれないがそのまま一走目走行枠は途中終了になってしまった。

そして次の二走目。常連さんからもいろいろアドバイスを受けての走行で、ちょっとだけ速く走れるようになった気がする。

しかしここでもなんと赤フラッグ3回。

周りからは、今日はどうなってるんだーなんて声が聞こえる。

赤フラッグがこんなに続くなんて珍しいと言うことなんだろうか。ちなみにこれって個人的に思うのだけれど、今回のライセンス講習会は人数が多かったらしい。そしてきっと自分も含めそのまま初走行をする人が多いのかも。事故が多かったのはそんな気がする。

トラックバックURL

URL: https://blog.aru8tk.net/2014/07/forest-raceway.html/trackback

コメント(0)

CALENDAR
2014年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ARCHIVE
サイト内検索
最近のコメント