BUFFALO レコーダー機能搭載 TV用地デジチューナー 500G DTV-H500R 買ってみた


BUFFALO レコーダー機能搭載 TV用地デジチューナー 500G DTV-H500R

我が家も一応茶の間や台所に寝室のテレビは地デジ化したけれど、まだいくつかアナログのテレビが残っている。

親戚が泊まりに来たときなどたまにしか使わないやつで、わざわざテレビ本体を買い替えるのもどうかということで地デジチューナー買ってみた。

買ってみた機種はバッファローの「DTV-H500R」で録画機能付き。

最初はチューナー機能だけの「DTV-S110」が4000円前後と安くていいと思っていたのだけれど、ちょっと別の用途として使えるか気になったので「DTV-H500R」にしてみた。

というのも今茶の間で使っているDVD・HDDレコーダーがアナログチューナーで、これを買い替えると数万円以上の出費でちょっと痛いと思っていた。

しかしDVDを見ることがさほど無かったことから、録画の出来るチューナーであれば安く済ませる事が出来ると閃く。それにDVDが見たけれは今持っているアナログのDVD・HDDレコーダーでも問題なく使えるのだ(コンポジットだけれど・・・)。

ちなみに「DTV-H500R」の主立った性能としては500GBの内蔵HDD(約80時間録画可能)。足りなければUSB接続で外付けHDDを追加することも可能。接続はコンポジットだけでなくHDMI出力があるのもうれしい。

付属のリモコンはテレビの電源ボタンも設定できるので、単純にテレビを見るだけの環境ならリモコンは一つで済ませられる。

録画機能についてはちょっと触ってみたけれど、録画は「番組表」ボタンを押して画面に出てきた番組表から録画したい番組にカーソルを当てて、決定ボタンを2回押すだけ。

録画したものを見たいときは「録画番組一覧」ボタンを押して、表示されたリストから見たい番組を選んで決定ボタンを押すだけ。

とてもシンプル。

ふむふむ。

これは使える。

現在自分の寝室に我が家唯一のブルーレイ・HDDレコーダーがあるが、子供の録画番組で容量が占領されつつあるので、追加用の録画機としてこれをもう一台買うというのもありかもしれない。

高価なブルーレイ・HDDレコーダーで無ければいけないのは、DVDやブルーレイディスクを再生させたり録画番組をコピーするときや、ちょっとマニアックな使い方をするときくらい。

普段のテレビ録画をするだけならこの機種で全然問題ないかんじだ。

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2011/05/buffalo-tv-500g-dtv-h500r.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010