レーシック手術

レーシック手術当日。予約していた昼過ぎの時間に受付をすませ、手術承諾書を書きながら呼ばれるのを待つ。

そして最初に診察を受けレーシックを受けるのに特に問題がないかチェック。

次に会計カウンターに呼ばれ、今回の手術費用の支払いを済まして手術準備となります。

ロッカーに荷物を預け、頭をすっぽり納めるキャップと白衣のような物を着てから点眼麻酔を受けてしばらく待つ。

手術の準備ができたところで呼ばれ、まずは一つめの手術室に入りフラップの作成から始めた。

手術台に横になり、上下のまぶた開いて固定され、眼球になにか輪っかのような物をあてられぎゅっと押しつけられる。

目を開いて真ん中をずっと見るように言われるけど、じっとしていると途中から目の前が真っ白になってなにも見えなくなる。

片目のフラップ作成が終わって、押さえられていた目が自由になると一瞬プチっと痛みが走っる。でもひどく痛いといった物ではなくてほんと微々たる感じ。

そして右が終わったら左目でも同じ事をやって、これでフラップ作成終了。

ここまでの間、特に辛い痛みや気持ち悪くなると言ったことはなく、目に関しては白くぼんやりした感じで見えます。

次に隣の手術室に異動するにあたって、手を引いてもらいながら歩いて移動。

手術台に横になり、今度も目を開いてまっすぐ正面を向き、なにか赤い光を数秒あてられる。

光をあて終り、何か(フラップかな?)を目にかぶせて眼球をキュッキュッと拭いているのがクッキリと見えたのはちょっと変な感じがしたけど、これで手術は終了。あっという間です。

レーシック手術が終わって、後は点眼薬の説明を聞き、保護用ゴーグルをもらってそのまますぐに帰宅。

なんか終わってしまえばあっという間といった感じ。

目の前は軽くまだ白くぼや~っとしていたけど、そまま帰るには支障はないので帰路につく。

ちなみに15分から30分程度過ぎてくると麻酔が切れてくるのか、外を歩いているときにゴーグルをしていても風が当たると目が乾いたような感じがして、普通に目を開けているのが辛くなってくる。

そして電車に乗って帰る途中。先に痛み止めを一つのんだけど、徐々に辛くなってきて、涙がでてまともに目が開けられない。さらに外の日の当たるところもとても眩しくて目が開けられない。

また目の状態も痛いと言うかうずうずするというか、なんか目に異物が入ったような感じがして、とても辛くなってきたので家の最寄り駅まで家族に迎えに来てもらった。

家に着いた後、ちょっとテレビをつけて見てみたけど、とてもじゃないけど見てられない。パソコン画面も当然ムリ。

とにかく目が辛いので、部屋を暗くしてとにかく落ち着くまで指定された点眼薬などを使いながら我慢した。

手術後だいたい数時間経ってくると、目の状態もそこそこ落ち着いてきて、なんとかテレビも少しなら見ることもできるようになってきた。

そして肝心の視力については眼鏡をしていたときとほぼほぼ同じ感じだろうか。

言われていたハローとグレアについては。最初だけなのかどうなのか結構でています。具体的にどう見えるかは説明しにくいですが、よくテレビや映画で天国や天使が出てくる場面で、白くぼや~っとしたソフトフォーカスのような感じに近い状態。また色味的には少し明るめな感じ、この後視力がどう落ち着くかわからないけど、もう少しハローとグレアは落ち着いてもらいたいなぁ。。。このままじゃ朝起きたら天国にいるのかと勘違いしそうだよ(笑

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2009/12/post-106.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010