レーシック 検査

コンタクトが恐くてできない眼鏡っ子の自分。

その眼鏡も今じゃいくつめだろうか、サングラスも度付きで作るから出費も大変。

そして今の眼鏡もフレームが一部欠けてしまい、さてどうするかと考えたときに、バイクのフルフェイスヘルメットの脱着でも不便に感じていたことから思い切ってレーシックを検討してみた。

最初はとても高い治療費がかかるんじゃないかと思っていたけど、最近はずいぶんと身近になってきたらしく、知り合いからレーシックを受けたという話もちらほらと聞くようになった。

費用に関しては、まあ安くなったとはいえそれでも国民健康保険がきかないので高いと言えば高い。でも将来的にも眼鏡を何度か作ることを考えたらあまり違いは無いくらいにはなってきたのでやっと決心した。

今回レーシック治療を受けることにしたクリニックは神奈川クリニック眼科(新宿院)。知り合いが受けたところでもあるし、ちゃんとしたところのようなのでココにした。

レーシック治療の大まかな流れに関しては、カウンセリングと検査を受けて後日手術を行い、その後何回か検診を受ける。ただそれだけ。

「カウンセリング+検査」の予約については一応WEBサイトでできるようだけど、すぐにでも行くつもりだったのでフリーダイヤルで電話をかける。
予約をとる際、コンタクトの使用歴があるか?現在病気にかかっているか?薬を飲んでいるか?などいくつか確認事項などの質問があり、それら全てに答えた後「ではいつがよろしいですか?」となるので、土日もやっていることから「明日!(土曜)」時間は比較的空いていると言われた朝一の9時にした。

翌日早起きして新宿アイランドタワー35Fに行くと、どうもこの1フロア全部が神奈川クリニックのようだ。初診受付でもらった問診票を記入して提出。その後呼ばれて検査が始まる。

検査内容としては目の状態を確認するもので、いくつもの機器を使用して検査していく。

検査項目としては全部覚えていないけど、目の形、細菌チェック、黒目のサイズ、近視の具合、乱視の具合、眼圧、裸眼の視力、矯正時(眼鏡着用)の視力、角膜の厚み、といった感じ。

ほとんどが機器の穴をのぞき込んで光があてられたり、見えている絵のピントを合わせたりするようなものだったけど、ちょっとビクッとするのが眼圧を測るとき。のぞき込んでいるときに突然プッと空気を吹き付けられます。
それとちょっと恐かったのが角膜厚。これはなにやらペンのような形をしたものを眼球に直接あてて測ります。これはさすがにそのままやられるとなんなので、ちゃんと点眼麻酔をします。目薬と同じように1~2滴たらしてパチパチ瞬きをしてハイ麻酔完了。この間目は普通に見え、そこへ検査機器を目に近づけられ「はい、今あたってますよ~」と言われるも何も感じません。
一通り検査が終了し、次はカウンセリングですが、先生に検査結果と目の状態を確認してもらうと、裸眼視力0.15で近視は軽度で乱視は若干強め。それと人より眼圧が高いらしい。通常10~20mmHgという数値のところ24と22だった。そして角膜厚も人より厚いらしい。平均530μmのところ583と591。なんか角膜厚が厚いと眼圧も高くなる場合もあるそうなので異常なしとされた。

ちなみにレーシックは角膜厚が薄いと受けられないという話を聞いたことがあるけど、逆に角膜厚が厚いと二回受けることも可能と聞いたことがある。今回の検査で角膜厚が厚かったことから先生からも角膜厚が厚いのは有利なんですよと言われた。

次、眼球の確認のためか、瞳孔を開く点眼薬を投与して薬が効くまでしばらくレーシックに関する説明のDVDを見せられた。

瞳孔が開いた状態についてはまぶしくなると聞いていたけど室内にいる状態では大してまぶしいとは感じなかった。ただ、天井の照明などがきらきらした感じはしますが、少し目が潤んでいる状態でまわりがきらきらするといった感じに近いかも。

それとこの状態で眼鏡をすると遠くはちゃんと見えますが、なぜか手元に関しては全然ピントが合いません。思わず持っているものを手を伸ばして遠ざけて見ようとしてしまうのですが、これってなんか見たことのある光景?あっ、これ老眼の状態じゃないか?年寄りってよくやるよね?なるほどなぁ、老眼ってこんな感じか~。
ちなみにこのとき眼鏡を外すと手元もよく見えます。

薬が効いたところで再度診察に呼ばれ目の確認をすると、緑内障もないし、その他レーシックを受ける事にあたって特に問題ないと診断されました。

以上で診察は終わり、後は手術の予約。

手術の予約はクリニックの予定があいていれば翌日も可能という話で、それもありかと思っていたけど、受けた説明やこちらからの質問等をふまえちょっと相談。

まず気になったのはウェーブフロントレーシック。知り合いからの情報で、予約の際に詳しく聞いてみた。

通常レーシックを受けると夜間に車のヘッドライト等を見たときに、その光の周りに光の輪が見える現象(ハロー)と、光がギラギラとまぶしく感じる現象(グレア)があるそうなんですが、これを軽減させるためにより細かく解析してレーシックが受けられるものだそうです。
それと同じ1.5の視力になってもよりクッキリ見える1.5が期待できるらしい。

で、これは無料のオプションなんだけど、検査日が一日増えます。それと角膜を少し多めに削る必要が出てくるためか受ける人は10人に1人だそうです。とはいっても自分の場合角膜は人より厚いということだし、夜間の車の運転やバイクの運転に関して少しでもハローとグレアが軽減されるならそれにこしたことはないので受けることにした。

てなわけで今度の金曜にウェーブフロントの適応検査。
土曜日にレーシック手術、翌日と一週間後と一ヶ月後の検診。以上の予約を入れて本日は終了。

今日は終わるまでだいたい2時間程度でした。

PS.ビルの外に出ると・・・おぉぉ、まぶしい~。開いた瞳孔はその後3~4時間で元に戻りました。

プチ情報:角膜の表面を切ってめくるときに、希にキズがつく場合があるそうですが、このキズがつく確率はコンタクトをしたことが無い人の方が高いらしい。コンタクトをしている人は目の表面が少し強くなっているからだそうだ。

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2009/12/post-104.html/trackback

コメント(1)

  • ねこにゃん より:

    とうとうレーシックの検査を受けたのですね!
    最初の検査は問題なくて良かったですね~
    あとは手術ですが、頑張って下さい!
    また術後のレポート、聞かせて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010