コレガ パソコン自動切替器 CG-PC2KVMX購入

先日クーラーマスターCOSMOSで新たにPCをセットアップする際に、余分なキーボードとマウスがなかったので、以前購入して結局相性の問題で使えなかった(キーボードの認識率が著しく低かった)サンワサプライのCPU切替器SW-KVM2WDXを一時的に使用することにしました。

一応、今回は新PCへの接続になるのでもしかしたらちゃんと使えるか?と若干期待もしましたが、今回も残念な結果になってしまいました。

本当に相性だけの問題なのか???

まあ多少ぎこちない反応とはいえ、セットアップ中だけの我慢と思いつつ使用していたのですが、やはりキーボードの追加は机を狭くするため、賭けではあるけどほかの製品を試してみることにしました。

ただ、今回はあくまでもPS/2キーボードとUSBコードレスマウスのみの対応を前提として、現状モニターのDVI接続にはこだわらず、サンワサプライSW-KVM2WDXのようにDVI対応ではなくVGA対応も含めて探してみました。

あと当然というか念のためメーカーも変えました。

080202.jpg

そして選んだのは「コレガ パソコン自動切替器 PC2台用 PS/2、USBクロスインタフェース、VGA(アナログRGB)対応 CG-PC2KVMX」。

形としてはサンワサプライSW-KVM2WDXのようなケーブル型ではなく卓上横置きのボックス型で、大きさ的には任天堂DS Liteよりちょっと小さくとてもコンパクトです。

付属しているーケーブルもシンプルにまとめられており、あまり太くもないので配線もスムーズにできました。

そして切り替え方法はもちろん本体正面のスイッチまたはキーボードでの操作も可能。

ここまではOK。

後は実際に使ってみての、キーボードとマウスの反応は?

マウスOK!

キーボード・・・おぉぉ、グレイト!

認識率100%!キー反応問題なし。

東プレRealforceの自慢ともいえる複数キーの同時押しでも全部認識してくれる!これはすごい。

言ってはなんですがサンワサプライSW-KVM2WDXは10キー同時押しの場合3文字程度しか認識してくれませんでした。

というわけでよかったこれは当たりでした。

ちなみに現在のPC構成はこんな感じ

キーボード:東プレ/Realforce 106S(LA0200)
マウス:ロジクール/MX-1000

PC構成
クーラーマスター/Praetorian 731 Silver
OS:Windows XP Professional SP2
CPU:Intel P4/3.2GHz
M/B:GIGABYTE/GA-8IPE1000Pro/Socket478

クーラーマスター/COSMOS
OS:Windows XP Professional SP2
CPU:Intel C2Q Q6600
M/B:Intel/DP965LT/LGA775

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2008/02/cg-pc2kvmx.html/trackback

コメント(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2008年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010