差し歯からインプラントへ 9

インプラント治療について久しぶりの投稿です。

前回歯科医院に行った時は抜歯した後の歯茎の戻り具合を見てもらっただけでしたが、そろそろインプラントの治療ができる段階に近づいたということで今日行ってきました。

治療の流れについてはこんな感じ。

  1. レントゲンの撮影
    現状の確認のために一度撮影をしました。
  2. 紙コップに入った水に消毒液らしき物をいれて軽くうがい。
    水に少しだけ青い液体が入れられていました。
  3. 麻酔注射
    インプラントを埋め込む場所一帯に複数箇所注射します。最初の一刺しはチクッっとするけど麻酔は即効性なのですぐに感じなくなります。
  4. インプラントを埋め込む場所あたりをグリグリされる。麻酔が効いているので具体的に何をしているのかは分かりませんが、たぶん歯茎に穴を開けているんだと思います。
  5. ドリル登場?具体的に目を開けていたわけではないので、どんな道具を使用しているのかまでは分かりませんがモーター音がしたのと骨の部分にゴリゴリ穴を開けている感じでした。穴は一度に開けるわけじゃなく、ゴリゴリ。ゴリゴリ。ゴリゴリ。という感じで慎重に開けている感じがした。
  6. インプラント登場。なにやらごそごそという感じで埋め込んでいる様子。そのあと一度はずして再調整してから再度埋め込みました。
  7. インプラントを埋め込んだ周りを何針か縫っていきます(抜歯の時と同じような感じです)。ここまでで約30分と少しくらい。
  8. ガーゼ等を傷口にあてて歯でかみ合わせて血が止まるのを待ちます。その間徐々に麻酔が切れてくるのですが、途中で抗生物質の「サワシリン」と痛み止めの「ロキソニン」を一錠ずつ飲んで再度ガーゼを咬んで止血。

以上で今日の治療は完了です。時間的には手術から止血までだいたい1時間ちょっと位でした。
あとは埋め込んだインプラント(土台部分)がなじむまでに2~3ヶ月程度かかるらしく、それが終わったら人工の歯を取り付けることになるそうです。

なのでインプラント治療が完全終わるにはもう少しかかるみたい。

取りあえず今日は無事インプラントの土台部分を取りつけることができて、来週は経過確認をしててもう予定です。

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2007/05/post-43.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2007年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010