USB接続のワンセグチューナー「ちょいテレ」買ってきた。

 最近よく耳にするワンセグ。携帯やノートパソコンにもワンセグチューナーが搭載されているものも増えているようす。

070210.jpg

そんなわけで自分もワンセグ環境が欲しくなり、衝動買いしてしまった。

購入したワンセグチューナーはバッファローの「ちょいテレ(USB接続)」。

ちょいテレ」にした理由は。。。う~ん、なんとなく。

一般的にも人気あるみたいだし、ちょいテレ本体に付いているロッド型アンテナの他に高感度外部アンテナもあるから、映りが悪い場合は他の製品より映る確率が高いかなぁって感じですね。

で、気になる感度は。

東京都中央区の古い雑居ビル内。

いくら東京タワーに近い中央区でもコンクリートに囲まれた建物ではかなり厳しいものがありました。基本的にちょいテレのロッドアンテナでは全く映らず、高感度外部アンテナに付け替え、なるべく窓際に近づける事によってなんとか映りました。

たまたま環境として高感度外部アンテナが窓に届かない位置で試したので受信状況としては若干不安定ではありますが、高感度外部アンテナの吸盤部分を窓ガラスにくっつければもっとましになったかもしれません。

次に江戸川区にある自宅。

以前自宅のテレビを買い換えたときに地デジチューナー付きにして、試しに八木アンテナDUCAを室内アンテナとして設置してみたのだが、いくつかのチャンネルは電波が弱くて映りませんでした。
なので同じ地上波デジタルのワンセグも似たような結果になるかと思っていたのですが。。。
ふむふむ、こちらもロッドアンテナではムリでしたが、高感度外部アンテナを窓にくっつけて試してみたら一通りのチャンネルを受信することが出来ました。

ただ、窓際と言っても東京タワーの向きとは逆側の部屋に取り付けたので若干映りがとぎれる場合もあるようです。

それと今回ワンセグチューナーちょいテレ」を購入して初めて分かったことですが、ちょいテレで録画した番組のデータは著作権保護機能として暗号化され、録画した環境でしか再生されないということでした。

どういう事かというと、この環境で録画したデータを再生するには、録画時のパソコンと録画時に使用したちょいテレが必要ということなんです。

いやー、参った。それは知らなかった(メーカーサイトにあるマニュアルに書かれていました)。

まあUSB接続の持ち運びに便利なワンセグチューナーではあるけど、録画した番組は持ち運べないって事ですね。せめてiPodで見られるようにムーブくらいは出来ると良いのに。残念(試してないけど)。

ちなみに他社のワンセグチューナーもどうかは知りませんがたぶん同じ仕様でしょう。アイ・オー・データの「SEG CLIP」(セグクリップ)も録画したパソコンとチューナーが必要とメーカーサイトに書いてありました。

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2007/02/usb.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2007年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010