差し歯からインプラントへ

歯が抜けた

前歯が抜けた

いや、「差し歯が抜けた」が正解。

昔、虫歯で2本。

転んで顔面激突で2本。

上の歯で、真ん中の正中から右側と左側合わせて4本を差し歯にしていたのですが、その一番左側の側切歯の部分が抜けてしまった。

そこで鏡を見てニコッて笑うと。。。ぷっ!

自分でもおかしくなるくらい間抜けな顔。

これはもうコメディーだ。

「ついでにとんちんかん」の抜作先生と良い勝負か。

いや、リアルに表現するなら「Dr.スランプアラレちゃん」のマシリト博士か。

それにしても困った困った。

実は、抜けるだけなら2年くらい前に一回、去年の暮れに一度、年が明けて再度同じ差し歯が抜けていたんです。

歯医者に言わせれば歯の根っことなる部分が割れて限界ということらしい。

「次に外れたらもうこの歯は無いものと思ってください」ときっぱり言われてしまいました。

で、早速外れてしまったわけですが、結局二週間程度しか持たなかったなぁ。

さて、これはもう諦めるしかないとしてどうしようか。

一応先生からはブリッジをつけた入れ歯にするかインプラントにするかの選択はできると説明を受けたが、一応前歯だからブリッジはちょっとなぁという気はするし、やるならインプラントしかないだろう。

そういえば、以前歯の矯正をしていたときにインプラントという人工歯根が実用化されてきたという新聞記事が病院に貼ってあったっけ。

いずれはインプラントを入れることになるだろうなと予測はしていたけど、その時が今きたって事か。

一応ネットで調べてみると見た目的にも実際の歯と変わりないようだ。ただ、予測はしていたけど費用的にかなり高額。

保険が効かないってのもあるけど、ネットで見た限りでは材質や歯科医院によっても異なるが、1本あたり大体20万~40万という感じだった。

とりあえず、今通院している歯科医院の先生に聞くと一般的にはセラミックをいれる事が多いらしく費用的には30万円程度ということでしたので、金額的には平均的な価格なのかもしれない。

あと自分が一番気にしていたことで、強度がどの程度あるのか。

差し歯のように取れてしまうのは困るし、食事をする度に気をつけるのはストレスが溜まります。
で、聞いてみたところ。

本当の歯より丈夫らしいです。

へ~、それはびっくり。

へ~、そうなんだ。

そういうことならインプラントを入れてみたくなりました。

まあ、30万の出費は確かに大きいけどきっと自分にとってはそれだけの価値は充分あるような気がします。

あと可能なら前歯4本の差し歯を全部インプラントにしてみたいが、流石に一度に120万は金額的に踏み切れないなぁ。。。

将来的に安くなることを期待するって感じか。

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2007/01/post-16.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2007年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010