「氷塊」相性決裂

人柱、、、無駄死にしました。

AOpenXC Cube EZ65 II に取り付ける為に買ってきた「氷塊」というCPUクーラーですが、、、

結論から言って取り付け不可能だと言うことが分かりました。

がびーん。

全体的な大きさには問題なかったのですが、肝心のCPUと密着する部分の銅の部分がマザーボードに取り付けられた部品(コンデンサかなにか)と干渉しあって取り付けることが出来ませんでした。

特にAthlonのsocketに対応させるために付いているねじ穴部分の出っ張りが干渉してしまうと言うユニバーサルタイプのクーラーと、窮屈な基盤設計のCube型だからこその結果かもしれません。

もし、厚みが5mm以上はある銅の部分で干渉する部分を削り取ることが出来れば付くかもしれませんが、さすがにそんな事が出来る道具は持っていないので諦めるしかありません。

あーあー、これ(氷塊)どうしよう。。。二号機のAthlon 64 X2 4400+にでも付けるか。あれは一応CPUのBOXにデフォルトで付いていたやつだし、エアーフローを前から後ろに流したいと考えていたのでちょうど良いのかも。

いや、二号機はサーバーケースだからどうせならでかいの付けてやりたい。ということで「氷塊」はなにかに使えるときまで封印することにしました。。。ちっ!

トラックバックURL

URL: http://blog.aru8tk.net/2006/10/post-9.html/trackback

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CALENDAR
2006年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ARCHIVE
サイト内検索

since july 24, 2010